秩父いってんべぇウォーキング

平成31年4月13日(土)・14日(日)第15回秩父いってんべえウォーキングが1市4町(秩父市・横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町)主催による大会が開催され、全国から大勢のウォーカーが参加する。
004 005_2 006_1

007_2 009_3 010_3

初日俳句の里皆野吟行コース28キロコース、皆野町役場に多くのウォーカーが参加する

011_1 012_2 013_4

014_1 016_1 017_1

皆野町役場をスタート金子兜太句碑・生家を経て~新皆野橋を進む

019_1 020_2 021_2

秩父ミユーズパークの水仙畑             秩父の名峰武甲山

022_2 023 025

     巴川橋のつり橋を進んでゴールを目指す    秩父市役所前広場無事にフィニッシュ完歩です

大会二日目

026 027 030

032 034 035

大会二日目のコースは地質学発祥の地長瀞ジオウォークコース22キロ秩父鉄道長瀞駅スタート広場です

036 037 038

039 040 041

長瀞自然の道桜満開の回廊を行く              秩父古都町を進むゴール近し

042_1 043 044
ゴールです大会二日目も花曇りのまあまあのウォーク日和 秩父の自然豊かな山間の風景を堪能しました

秩父いってんべいウォークは今回初の参加でしたが、素晴らしい自然豊かな山あいの風景に、心が癒され

本当に楽しく、気持ちよく歩けた二日間でした。

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月 4日 (木)

さいたマーチ

     2019年3月30日(土)・31日(日)日本一の桜回廊を歩く第7回さいたま見沼ツーデーウォークがさいたま新都心公園で開催され、全国から大勢のウォーカーが参加する

初日の天候は曇天模様の中のスタートであったが、まあまあのウォーク日和であった。

010 009_1 008_1

第1日目は見沼田んぼ南ルート見沼代用水と芝川満喫ルート30キロコース

007_1 006 005_1

見沼通船堀公園タケノコ公園の竹林の道を進む

009_2   010_1 014

見沼自然公園井澤弥惣衛為永銅像前を進む

012_1 011 大会二日目の天気は雨上がりの曇天模様

 013_3

3月31日大会二日目見沼田んぼ北ルート大宮公園と人形の街岩槻ルート30キロコースである

022 021_1 020_1

朝8時さいたま新都心公園を一斉にスタート完歩目指して元気よく檄を上げる

019 012_1 016

見沼田んぼは、東京都心から20~30キロ圏内に位置しており、約1260haという広大な面積を持つ、首都近郊に於ける貴重な

大規模緑地空間である。さいたま新都心駅や大宮駅から2~3㎞という近さにありながら、田んぼや畑、雑木林、河川や見沼代用水に

よって作られる自然豊かな地域であり、多くの人を魅了し、親しまれる風景を満喫しながら、楽しく二日間歩く事が出来ました

大会関係者の皆様に感謝です。有難う御座いました。

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月18日 (月)

ジョン万ウォーク花へんろ足摺温泉

2019年2月16日(土)・17日(日)第14回花へんろ足摺温泉ジョン万ウォークが開催され全国から大勢のウォーカーが参加する

002 003 006
007 010 008
大会初日の朝は曇り空、昨夜の雨降りでスタート会場の足摺岬小学校のグランドは雨で濡れている

011_2 012_2 013_2

第1日目足摺半島一周満喫コース30キロ元気よく一斉にスタート天気は回復

014 015 016
足摺岬灯台・ジョン万銅像前を経てあしずり遍路道を進む

017 018 019
中浜区長場ジョン万次郎生誕地ジョン万次郎の大河ドラマ化が決まったと言う

020 021 022
           日本最大の規模を誇る花崗岩の絶壁の海岸

024 025 026

                               アコウの大木

027 030 032
午後1時50分ゴール 早々と蕗の薹花開く    楽しいウォーカーの交流会

大会二日目

041 042 043

大会二日目は雲一つない青空絶好のウォーク日和に恵まれる

044 045 046

       大会二日目はジョン万黒潮ロードと松尾コース

 二日目は帰り時間の制約で15キロコースを挑戦する。さくら公園登り口から唐人駄場を経て旧スカイライン分岐迄、延々と登り道は難易度が高い。

 出発8時スタート・ゴールは10時30分であった足摺岬バスセンター発中村駅行き11:06分に間に合いホットする。

 昨年秋に胃癌治療でウォーク大会の参加は約半年振りの事であった。久し振りの長歩きが心配であったが、まあまあのウォークが出来て良かった。何よりも大会関係者のご尽力に感謝します。冬の新潟からの遠征は道のりが遠く大変でしたが、それだけ充実感に満たされた大会でした。有難う御座いました。


                            




















2019年1月23日 (水)

東京例会イベント参加ウォーク

2019年1月19日(土)東京都品川区平成を送る~昭和を訪ねての道

船橋歩こう会主催ウォークに参加

002 003 005
JR京浜東北線大森駅北口坂下公園に約百名のウォーカーが参加する

006 009 010

012 013 014

016 017 018
坂下公園9時スタート昭和大学林試の森公園目黒区民センター子供広場恵比寿公園ゴール

楽しく歩こう 船橋歩こう会の役員さん 有難う御座いました

2019年1月20日(日)“自然とのふれあいを楽しみに”井の頭自然ウォークに参加する

019 020 021
JR吉祥寺駅公園口井の頭公園野外ステージ前集合約百名のウォーカーが参加する

023 025 027

     028       029

ステージ前10時スタート~西荻北中央公園~井萩公園~勤労福祉会館~

桃井原っぱ公園~ロケット発祥の地/旧中島発動機発祥の地~荻窪八幡神社~与謝野公園~おしかわ公園ゴール

レッツウォーク東京 東京ウォーキング協会役員の皆様有難う御座いました。











2019年1月 2日 (水)

大江戸元旦初歩き2019

2019年1月元旦開運大江戸初歩き上野恩賜公園噴水広場にて開催、大勢のウォーカーが参集する

001 002 004

006 010_2 011_2

初歩き前に浅草寺に初参り、雷門は大勢の初もうでの人で賑わう 上野駅から初日の出のご来光を背に会場入り

013 014 016
会場は元旦早々大勢のウォーカーが続々と参集してくる。明けましておめでとうございますと、はつらつの挨拶の笑顔が輝いている

上野恩賜公園朝8時半、19キロコース・11キロコース一斉にスタート

上野恩賜公園~神田~日本橋~永代橋~深川えんま堂~木場公園

~横十間川親水公園~猿江恩賜公園~亀戸天神~押上スカイツリー

~浅草観音堂~鶯谷~ゴール上野恩賜公園噴水広場

018     019   020

021 022 023

毎年恒例の大江戸元旦初歩き平成最後の大江戸初歩きの参加であった

 昨年秋口から病気療養でかれこれ半年間、歩きイベントからとうざっかていた年の初めのウォーク大会、私にとって久しぶりの新鮮な喜びであった。新しい年号の歩きの開運を願って元気に歩く事が出来ました。大会実行関係者の皆様に感謝です。有難う御座いました今年もよろしくお願いします。











              







2018年7月 9日 (月)

TOKYOウォーク2018

2018年7月7日(土)さぁ、東京を歩こうTOKYOウォーク2018瑞穂・武蔵村山エリア開催される

002 003 004
東京ウォーク2018第2回大会・狭山丘陵と瑞穂の街歩きを楽しむウォーク

005 006 007
メーン会場みずほエコパーク20キロコース参加者の熱気に包まれる

   008       009
新青梅街道~野山北公園~六道山公園~高根~狭山池公園~岩倉街道を巡る狭山丘陵コースをマスコットキャラクターに送られ元気にスタート

011 012 013
新青梅街道を進む      急な上り坂を登り切り高根山遊歩道を進む

 朝から曇り空であったが気温は30度近くまで上がり、正に夏本番のウォークであった。主催は東京都、東京都スポーツ文化事業団で都民主体のウォークであり年間5回に及ぶシリーズ大会である。たまたま今回は瑞穂・武蔵村山エリアだけの参加であったが、六道山公園の木々の緑豊かな自然を満喫出来て良かった。都内にも自然一杯の、ふれあいの出来るスッポト発見に驚きと、感激を得ました。大会関係者の皆様に感謝です。








2018年6月14日 (木)

でっかいどうオホーツクマーチ

でかい自然ふれあいウォーク第31回でっかいどうオホーツクマーチが2018・6/8~6/11開催される
第1ステージオホーツクあばしりツーデーマーチエコーセンター6/8~6/9
第2ステージハッカの大地北見ツーデーマーチ駅南多目的広場6/10~6/11
015_2 003_2 005_2
網走ツーデーマーチ生憎の雨降り室内会場で開会式

006 007 008
一時雨が止み元気よく感動の径35キロコースに向かって一斉にスタート

     010    009_2
      北海道農業大学生の応援団の檄に見送られスタート

011 012 014
絶景スポット       東網走麦乾燥施設    何処までも真っ直ぐな道

016 018 020
雨の中を漸くゴールへあばしりご当地キャラニポネに迎えられる

022 024_2 025
二日目は昨日の雨の為一部コース変更有網走湖を眺めながらの湖畔を進む

大会第2ステージ

027 028 029
第2ステージ会場の北見ツーデーマーチは晴天のウォーク日和

032 033 034

035 038 039
元気よくスタート     流石ハッカの大地眼前に広がる野菜畑

040 041 043
これぞ北海道の開拓大地            どこまでも続く一直線の径

    054           055
北見ツーデーマーチ初日ゴール後の歓迎レセプション和気あいあいです

057 058 059

北見ツーデーマーチ二日目スタート前ウォーカーの面々、今日も元気です

    060          061
北見二日目は玉ねぎ・小麦畑を見ながらハッカの大地を満喫

    066          067

             053

ハッカの大地北見ツーデーマーチ二日間無事にゴール終了しました

 日本マーチングリーグの北の祭典「第31回でっかいどうオホーツクマーチ」に参加できて本当に良かったです。網走は今年最後との事、最後の網走ツーデーマーチに遭遇出来たこともラッキーでした。何よりも北海道の大自然を身体一杯に満喫でき、最高の喜びでした。大会実行委員会の皆様に感謝です有難う御座いました。又、でっかいどうオホーツクマーチに来たいと思います。












































2018年5月29日 (火)

秋田鳥海眺望のみちツーデーマーチ

平成30年5月26日(土)・27日(日)第1回秋田鳥海眺望のみちツーデーマーチがにかほ市象潟道の駅構内北側で開催される

005_2 004 006
北限の芭蕉紀行と鳥海山、歩けば楽しツーデーマーチに全国から大勢のウォーカーが参加する
012 014 015
にかほ市民の歓迎レセプション

018 020 021
鳥海山と日本海を望む象潟道の駅広場で初夏の青空の下の開会式

022 023

秋田鳥海眺望の道元滝  奈曽の白滝を望むコースリーダーと岩手県のOさん

024     025
     奈曽の白渓谷             上郷の郷土祭り

029_2 030 032
初日のにかほコース31キロ気持ちよく完歩の後の、ウォーカーの集い。郷土料理と地酒の振る舞い、会場は大賑わいで盛り上がる。

大会二日目

南由利原旅行村ステージ会場
033 034 035
鳥海山と菜の花コントラストコース20キロに挑戦、今日も晴天の青空

039 040 043
大谷地池周囲を巡る

045 046 048
       鳥海山と菜の花畑絶妙なコントラスト

049 050

南由利原旅行村中央会場元気よくゴール 鳥海山に見送られ帰途に就く

北限の芭蕉紀行と鳥海山・西に日本海を望み、由利原高原菜の花畑を歩けば楽しのツーデーマーチを、十分に楽しむ事が出来た大会参加でした。秋田鳥海眺望のみちツーデーマーチ実行委員会の皆様に感謝です。有難う御座いました。




























2018年5月 5日 (土)

ウォーキングフェスタ東京

2018年5/3祝(木)・4祝(金)ウォーキングフェスタ東京ツーデーマーチが開催される全国から大勢のウォーカーの皆さんが参加する

  005 006            007      002_2

大会初日開会式前の会場風景 会場に踏み入れる前は土砂降りの雨
雨の中のウォークを覚悟したが、幸いにスタート前に雨が止む

009 010 011
初日の3日はサクラルート小金井公園→小平グリーンロード→八国山緑地→

多摩湖→玉川上水→小金井公園(ゴール)

012 013 014

八国山緑地を進むNさん  多摩湖を進むウォーカー

             015

              玉川上水を進む二人大川さん

大会二日目

017 018 019

大会二日目は昨日とは打って変わって晴天の夏日になる

4日のコースはハナミズキルート小金井公園→玉川上水→深大寺→野川

武蔵国分尼寺跡→玉川上水→小金井公園(ゴール)

021 059
深大寺は参拝者で賑わっている深大寺をあとにして野川公園に進む

この後武蔵国分寺尼寺跡から一橋大学の国立を通過し玉川上水を経てゴールへ無事に30キロゴールでした024_2 お疲れ様でした

 今年のウォーキングフェスタは23回目、私は本大会の中央会場である武蔵野中央公園時代から参加しており感慨深い大会になっている。昔は大会実施時にハナミズキが満開だったと記憶しているが、最近はハナミズキの花にお目にかかれていないのが残念である。これからも挑戦して行きたい。










2018年4月17日 (火)

下総・江戸川ツーデーマーチ

平成30年4月14日(土)・15日(日)第12回下総・江戸川ツーデーマーチが開催される。全国から千名を超える事前登録された参加者が集う

002 003 004
005 008
大会初日大町自然観察園コース33キロに挑むウォーカーの面々

010 011
じゅんさい池公園清々しい新緑の中を颯爽と歩く健脚のNさん

012 013 014
初日コースのメーンスポットの大町自然観察園、瑞々しい新緑の中爽快である

大会初日は晴れのウォーク日和、8時20分スタート葛飾大橋から市川橋まで延々と続く江戸川堤防を進みゴールは午後1時30分であったお疲れ様

大会二日目

024    017
大会二日目の国府台陸上競技場施設内のスタート式 KKML賞表彰式

 大会二日目は雨風の春の嵐になる、大会中止が危ぶまれたが、予定通り実施された。当初32キロの野鳥の楽園コースのエントリーであったが、余りの強風に恐れをなし、急遽中山法華経寺コースに変更する。それでも、市川橋から行徳橋間の江戸川堤防を進む中、強風に煽られ、着用のポンチョはズタズタに切り裂かれる始末、たぶん最大瞬間風速は30Mを超えたと思われる。春一番の嵐の中のウォーク貴重な体験であった。悪天候の中、大会関係者のスタッフの方々本当ご苦労様でした。

015有難う御座いました。又来ます














«古河まくらがの里花桃ウォーク